昨年、結婚式を挙げましたが、職場の同僚から友人まで大人数招待することになったため、結婚式招待状を作成するために招待客のリストを作りました。

招待客のリストを作成した理由は、後で把握し易いという理由もありましたが、招待状の宛名書きを筆耕業者に依頼するのに必要だったからです。

宛名書きを手書きでするのが常識だとは考えていなかったものの、プリントアウトしてしまうよりも手書きの方が誠実さをアピールできるという気持ちが大きかったのです。

人数が多かったせいで筆耕業者の作業が終わるのに時間はかかりましたが、無事に招待客全員に発送出来たので安心しました。

ちなみに職場の上司にも手書きの結婚式招待状を郵送したのですが非常に評判が良かったので、夫とプリンタで印刷したものでなく手書き毛筆による宛名書きをして良かったねと話しました。

昔と違い最近はプリンタが普及している事もあって年賀状はもちろんの事、結婚式招待状の宛名書きをもプリンタによる印刷で済ませる人がいるようですが、結婚式は一生に1度のことなので、やはり気持ちのこもったものを送りたいものです。