筆耕という仕事があります。賞状書きや宛名書き、表札に看板、式辞に命名書、目録に熨斗紙書きなど範囲も広く仕事としても多いものです。

しかし、この筆耕の技術を持った人の数は減っています。

筆耕士を目指すには字が上手だけでは勤まりません。実用書道では実力は勿論のこと、全体から見たレイアウトやマナーの知識を身に付けていなければなりません。本格的な道に入るには講座を受ける必要があります。

そして3ヶ月間であっても知識は身につき、プロの筆耕士に近づくことが出来ます。求人においては筆耕業者に仕事を求めるか、自営業として仕事を求めることになります。

業者に仕事を求めるにはサイトなどを利用する手がありますが、もし見つかったとしても高度な技術を要求されます。宛名書きなどで誤字や脱字があれば困ったことになります。

そこでホテルや結婚式場などの職場で通勤の人を探して確認を取ってもらうことが多くなります。結婚式場などでは招待状の宛名書きなど需要も多いものです。

自営業として進めたい場合には仕事も多く、何が出来、自分の能力を客観的に知った上でサイトなどを作成して営業をかけることになります。
筆耕求人を募集しています!