筆耕の仕事はパソコンとプリンターの登場で大きく減ったのではないかと思います。

その一方で、筆耕は一回一回文字を書くことからパソコンの画一的な毛筆体などにはない力強さというものがあります。

オリジナリティや力強さを求める文字には逆に筆耕の価値というのはより上がっているのではないかと思います。

その一方で中途半端なレベルの筆耕はむしろパソコンの毛筆体で十分ということからレベルが低ければ仕事は無くなっていく思います。

実際に筆耕担当者に頼んでいたPOP類も日常、それほどレベルを問わないものは全てパソコンで打ち出してプリントするようになってしまいました。

筆耕担当者に頼んでいるものは装飾のディスプレイにメインになる正月用の干支の文字や、印刷では失礼にあたる熨斗紙などに書く文字などで特別なものという風になっています。

今後もこの傾向は続いていくと思います。

実際に手で書く筆耕でのその一回一回の文字の流れや勢いというものはパソコンの書体ではなかなか再現できないと感じます。

デジタルな時代だからこそアナログな筆耕の価値というものも際立ってきているように思います。
http://筆耕サービス.com/