近年、資本金の限度額が撤廃されたこともあって小規模会社が増えてきていますが、一方で安易に会社設立ができることもあって折角作っても休眠状態であったり売上が増えずすぐに倒産してしまうケースも少なくないようです。

また、このように比較的規模の小さい会社の場合には会計事務所と顧問契約を結ぶのも資金繰りの面で難しいようで、経理に関する知識がある程度持っている経営者の人は、ご自身で申告書を作成していることもあるようです。

しかし、最近は決算申告料金が比較的安い会計事務所も増えてきているようなので、ご自身で申告書を作成するのが難しい場合には、このような会計事務所に依頼をして少しでも節税をしてもらうのも良いと思います。

また利益の出ている会社の場合には、会計事務所に決算料金を支払うのを持っていないと感じるかも知れませんが、その分納税も減ると思いますので個人的にはご自身で税務署に申告書を提出せずに税理士に決算書作成を依頼した方が良いと思います。