あなたはどのような税理士を目指しますか

税理士といえば、昔は営業行為を禁止されていた事もあって座っていてもお客様は増えていましたが、報酬規程が数年前に撤廃され広告規制がなくなってからは熾烈な営業が行われていくようになり、最近では低価格の顧問料を売りにしている会計事務所も増えてきました。

また、以前の会計事務所は記帳代行から相続税申告まで幅広く業務を引き受けるケースが多かったのですが、最近は小規模会社に特化するなど、業務特化をアピールして集客している税理士も若手を中心に増えているようです。

何でもできるというのは一見するといいように思われがちですが、顧問先企業の側からすると自分の会社と合う税理士なのか判断できないと思いますので、なるべくなら得意分野を持っている税理士を目指した方が良いでしょう。